タイトル

ゴミ屋敷に関する情報が満載!

いつの間にか実家がゴミ屋敷になっていることも

実家を片づけずに放っておくと、いつの間にかテレビに出てくるようなゴミ屋敷となってしまう可能性もあるのです。
将来的に親が暮らしている実家がゴミ屋敷にならないかどうかをチェックする方法があります。
あてはまるものが多いほど、自分の親はもったいない世代に該当するということです。
例えば、サイズが合わない服や靴がたくさんある場合は要注意になります。
スリムになれば着られるといいながら、ほとんどがダイエットをするつもりがないのが現状です。
また、贈答品が箱に入ったまましまいこまれている場合も見過ごせない兆候になります。
使うかどうかの判断を先送りして、とりあえずしまっておくのが習慣になってしまっている可能性があります。
そして、ミシンやポット、扇風機など、使われない電化製品がある場合は、危険です。
久しぶりに使用した扇風機から火事になったという事故もたくさんありますし、家電はおよそ10年で経年劣化による火災事故がおきやすくなっています。
まだ使えるからととっておくことが、新たな災いのもとになる可能性もあるのです。
ほかにも、来客用の高級食器が必要以上にあったり、紙袋やビニル袋が100枚以上ある場合、使われていない箱やかわいい缶があったり、押し入れに使われることのない布団が何組もある場合など注意が必要で、実家に物があふれかえらないようにすることが重要になります。

実家がある日突然ゴミ屋敷になるのを防ぐために

年を重ねた高齢者ほど物を手放せなくなる傾向があり、理由としては物があることが安心感につながるということがあるようです。
そのため、勝手に片づけてしまうと、精神的に不安になり、誰かに盗まれたという発想をしてしまうこともあります。
大切なものを手放そうとする決断するには、心の整理と時間が必要なのです。
物の整理というのは、自分が納得し、自分のためにやってみようと踏み出さなければはじまりません。
そのため、実家がゴミ屋敷になりつつある状況で、子供が何とかしなければと思っても、親に片づける気がなければトラブルになるのです。
しかし、最近では実家に物があふれてゴミ屋敷のような状態になるのには、実は親のせいばかりでもないことがわかってきています。
自分の家に置いておくと邪魔だからと言って、実家に送り付けた荷物が原因になっていることもあるのです。
都会のマンションは狭いからと田舎の広い二階建てに住み、親にいらないものをおしつけたり、昔の思い出の品や大量の本を実家にのこしたままになっているというのも、実家に物があふれる理由になっています。
また、離れて暮らしている場合には、時々、ふらっと家によってみて、床に置いてあるものが増えてきていないか、二階が使われていない状態になっていないか、洗濯物がリビングにないかなどに目を向け、ゴミ屋敷になるのを事前に防いでいくことも大事です。

check

正確な査定をおこない、お品物を適正価格で買い取りさせて頂いております。

草間彌生 買取

様々な経験が出来る宅建士の専門学校です

宅建士 専門学校

オフィス、店舗、倉庫、マンションの防犯対策に。大阪を始め関西全域対応可能です。

防犯カメラ 大阪

東葛エリア施工件数NO.1の施工会社です。

船橋市で外壁塗装をする

2017/5/1 更新

『ゴミ屋敷』 最新ツイート

@katusikakaisyuu

ご家庭の不用品(粗大ごみ)、ゴミ屋敷、家屋一軒丸ごとなどの大型案件も承っております。 法人様のオフィス丸ごとの処分やビル全体など、なんでもご相談ください。 片付けレスキュー隊がお手伝いいたします。 詳しくは➿0120-531-389

3分前 - 2017年05月27日


@mattya1997

誰かさんのゴミ屋敷 https://t.co/H3SftuVeyt

7分前 - 2017年05月27日


@haruo_49

いやでも無いな。絶対着ないな。潔く捨てよう。捨てられる女にならないと、ゴミ屋敷になる。

10分前 - 2017年05月27日


Copyright 2015  片づけが大変   All Right Reserverd